GRANBLUE FANTASY the Animation グランブルーファンタジー ジ・アニメーション

MUSIC 音楽

MENU

グラパスでチェックイン グラパスについてはこちら ポスターチェックイン 対象リストはこちら
ぐらぶるアニメちゃんねる 毎月配信中!

オープニングテーマ

BUMP OF CHICKEN

「GO」

PROFILE
藤原基央、増川弘明、直井由文、升秀夫の幼馴染4人によるバンド。1996年2月に現在の編成で初めてのステージを踏む。2000年シングル「ダイヤモンド」でメジャーデビュー。2002年リリースのメジャー1stアルバム「jupiter」は、オリコン初登場1位を獲得、累計出荷枚数が90万枚を越える大ヒットとなる。
2015年2月にはライブドキュメンタリーBD / DVD『BUMP OF CHICKEN「WILLPOLIS 2014」』を、4月22日には映画『寄生獣 完結編』の主題歌「コロニー」とTVアニメ「血界戦線」のオープニング・テーマ「Hello,world!」2曲を収録した両A面シングル「Hello,world! / コロニー」をリリース。同年末に「NHK 紅白歌合戦」初出場を果たす。
2016年2月に発売した通算8枚目のフルアルバム「Butterflies」は前作「RAY」を超える初動ポイントを獲得し大ヒットを記録。同作のリリースツアーとして、総動員数約30万人のスタジアムツアー「BUMP OF CHICKEN STADIUM TOUR 2016“BFLY”」を行い、大成功を収めた。また7月13日にはライブBD / DVD『BUMP OF CHICKEN結成20周年記念Special Live「20」』を発売し、DVD & BDオリコンランキングで初登場1位を獲得。バンド結成20年目にしてなおリスナー層を拡大し続け、若者を中心に男女問わず幅広い年齢層に支持される稀有なバンドである。

MEMBER'SCOMMENT アニメ「GRANBLE FANTASY The Animation」主題歌をBUMP OF CHICKENの「GO」という楽曲が担当させていただくことになりました。今回主題歌を担当させていただくことになりました経緯としては、プロデューサーの春田さんから「GO」を主題歌に使用したいという熱い思いがこもったお手紙をいただきまして、メンバー全員その思いに感銘して、是非ともご一緒させていただきたいと思い、主題歌として提供させていただきました。グラブルは4人ではまっているので、とても嬉しく光栄に思います。壮大で美しいグラブルの世界がどんなアニメになるのか、放送を楽しみにしています!

BUMP OF CHICKEN Official Website

エンディングテーマテーマ

HARUHI

「ソラのパレード」

2017.4.26 Release

初回・通常盤

【初回生産限定盤】
AICL-3318~9 ¥1,400-(税込) (CD+DVD 2枚組)
【通常盤】
AICL-3320 ¥1100+税
DVD
M-1. ソラのパレード(Music Video)
CD
M-1. ソラのパレード
M-2. Nightmare
M-3. Landlord
M-4. ROUND MIDNIGHT

期間限定生産盤
©アニメ「グランブルーファンタジー」製作委員会

【期間限定生産盤】
AICL-3321~2 ¥1,600+税
DVD
M-1. ソラのパレード (Music Video)
M-1. ソラのパレード(Music Video -GRANBLUE FANTASY The Animation ver.-)
M-1. 「GRANBLUE FANTASY The Animation」ノンクレジットエンディング映像
CD
M-1. ソラのパレード
M-2. Nightmare
M-3. Landlord
M-4. ROUND MIDNIGHT
M-5. ソラのパレード (TV size)

PROFILE

1999年2月25日 ロサンゼルス生まれ。インターナショナルスクールに通う18歳。
12歳の時、学校のミュージカルの主役に抜擢され、数ヶ月間の練習と本番を経て歌手への志を持つ。
13歳から楽曲制作を開始。即興性を含む柔軟で鋭敏な歌唱表現力や楽曲制作力は、関係スタッフに、次世代の真の女性アーティストの誕生を予感させる。
映画「世界から猫が消えたなら」の主題歌に「ひずみ」が決定し、2016年5月デビュー。
「ひずみ」はiTunes J-POPアルバム初登場1位、レコチョク上半期新人ランキング2位を記録。
同年10月公開のカンヌ受賞映画「淵に立つ」主題歌に「Lullaby」を書き下ろす。2作連続となった映画主題歌に加え、
12月に発売された2ndシングル「BANQUET」にて初のドラマ「コック警部の晩餐会」」主題歌を担当。 さらにはBose BRAND AMBASSADORに決定するなど、
聴いた瞬間、別世界に誘う独創的な声・世界観に映像クリエーターからのラブコールが殺到している。

空に向かって旅を続けていく前向きなイメージと同時に、表と裏を意味するような、2つの世界を表現した楽曲です。<br>
              誰しも毎日、今日という日を明日に向かって生きているけれど、明日も必ず生きているという確証はない。誰にでもいつかは平等に必ず死がやってくることを当たり前のこととして認めることで、今出来ることの大切さを感じられたり、生きていることへの見方が変わってくるはず。そんな想いを2つの世界について描くことで表現しました。今回、「グランブルーファンタジー」が描く世界と音楽でコラボレーションさせて頂けることを、とても楽しみにしています。

HARUHI Official Website